FRONTIER POWERS

お肉の新しい流通を作る

現在の焼肉店等の飲食店が直面している問題として、職人不足・不景気による人件費問題・コミュニケーションの難しさなどが挙げられるのではないでしょうか?

そこで弊社では、通常のブロックミートに加えて日本独特のカット・整形を施した、最小ブロックの肉を真空パックで納品することも可能にしました。

職人でなくても料理の経験がなくても包丁さえ使えればカットできる状態です。これならば、固定経費である人件費を下げ、最小ブロックの肉を切るだけで済む分ロスも経費も減り、商品の品質アップにつなげられるはずです。

また、希少部位も仕入れることができるため、お客様の選択肢も増え、楽しさもアップするのではないでしょうか。

あとは、各部位の肉質にあったメニューに合わせてカットしていただくだけです。

新鮮さの理由

弊社は、売参権を所有しており、市場のセリにて、お肉のプロが枝肉をしっかり目で確認して美味しい良い牛を落札いたします。

さらには近江姫和牛で有名な澤井牧場さんと契約しており他の業者を挟まずに新鮮な状態で最高の商品をお届けいたします。

牛を一等買いすることにより、様々な部位を仕入れることができ、更には一頭から数キロしか取れない希少部位などをご提供することが可能です。

近江牛の中でも雌牛のみを使用した
ブランド和牛「澤井姫和牛」

澤井牧場さんは滋賀県の竜王町にあり、鈴鹿山系の良い水脈に恵まれた畜産にふさわしい環境の中、年間約3,000頭の和牛が飼育されています。近江牛の定義は「厳選されたA-4.A-5ランク以上」ですがその中でも未経産の雌牛だけを澤井姫和牛として扱っています。まさに厳選に厳選を重ねた姫和牛です。

雌牛の特徴としてオス牛よりもきめ細かい肉質となり、きれいなサシが入るのが大きな特徴で、サシの溶ける温度が低いため口の中でとろけるような食感が楽しめます。

美味しさと安全

澤井牧場の牛は美味しいだけではありません!
「農場HACCP」や「JGAP」などの厳しい基準をクリアしています。
これらの認知はまだ少ない方ですがオリンピックでは食材調達の基準としてGAP認証を取得した農畜産物であることが要件となっていたりしました。
海外では多数の国が導入している検査基準です。